Articles for 6月 2015

タパス的小話の3種盛り

IMG_3677-2メジロの巣(らしきもの)@岐阜の実家にて

 

ちょうど父の日のタイミングということもあり、先週末実家に帰りました。高速を使えば50分程度で着いてしまうのですが、「いつでも行ける」と思うと逆に寄り付かないものです。

今日はちょっとした、スペインバルのタパス的な小話を3つほど書こうと思います。海外部の進展と、医学部を目指すMさんの英語について、そして冒頭で触れた帰省のこと。特にまとまりはつかんと思いますが、それぞれの出来事をゴロンとそのまま。

ハレグゥの変。歴史を好きになったきっかけ

IMG_1276名古屋城・本丸御殿

 

「社会」という科目がありますね。

もう15年も前か。僕は中学生の頃、社会(特に歴史)が好きではありませんでした。卑弥呼もザビエルも信長も、「自分とは全く縁遠い宇宙人」のように思っていたし、歴史上の出来事も単なる記号の羅列のようで、一切の興味が湧きませんでした。暗記してしまえばテストの点が取れてしまうのも、またタチが悪かった。

高校に上がって、社会という科目への無関心はいっそう加速しました。「テスト前に覚えればいいや」と思い、日本史の授業中に他教科の内職をするシマツ。ひどい時は机の下でコソコソとマンガを読んでいました。

しかし、僕が通っていたのは腐っても進学校。平和な時は長くは続きません。後ろの席のちょっとオタク気質のGくんが貸してくれた「ジャングルはいつもハレのちグゥ」を読んでいた、とある晴れた午後の授業中、その事件は起きました。

海外部、はじめました。

013ウユニ(by 直感トラベルサイト

 

今年に入ってから、やれ英語教室だの、授業動画だの、オンライン英会話だのと手を広げまくっています。やりたいことが色々あって自然とそうなってるのですが、今度は「海外部」をやります。

大きな柱がストンと定まったので、これで(一旦)落ち着くかと思います。

海外部。「部活か?」ってなりますけど(そういうノリも好きだけど)、内容は大真面目です。会社辞めて▶海外行って▶帰国して▶自分で仕事始めて、その間に学んだことを全部詰め込んでやろう、と。

嵐山と竹林。久々に英語のこと。

IMG_1409渡月橋@嵐山


相変わらず旅行記みたいになっていますが、京都の嵐山にはじめて行ってきました。市街観光は何度かしていたものの、今まで嵐山まで足を伸ばしたことはなく、友人にわがままを言って案内してもらいました。高校時代を思い出す、チャリンコで往復2時間の旅。

写真の渡月橋の景色も見事でしたが、聞くところによると嵐山には有名な竹林があるらしい。竹林!その響きは、先週たまたま芥川の「藪の中」を読み返していた僕の中二心をくすぐったのです。