Articles for 7月 2015

夏休みの自由研究とオトナの影

S__8085509日暮れ前のメタセコイア広場@平和公園

子どもたちは夏休みです。

海、山、川、テーマパーク。楽しみは色々あるけれど、忘れてはならないのが宿題。ホームワークです。特に小中学生はほとんどの場合「夏休みの自由研究」があるわけで、これに頭を悩ます、もしくは悩ました経験のある人も多いと思います。

クラスに何人かは力作仕上げてくる子がいましたよね。当時、加藤くんっていう小学生からずっと同じバスケ部だった子がいまして。ダムの仕組み調べて模型作ってきたり、10冊以上の本を参照して天体についてまとめてきたり、ぶっちゃけ大人の影が見えるようなプロジェクトを毎年発表しては、賞をかっさらっていました。

昨今話題の業者による宿題代行みたいな話は論外として、大人(家族や周りの人)はどこまで子どもの宿題に関わっていいものなのか。

三重トリップと旅の始まり

IMG_15117匹の猫たち(の内4匹)

先週末、隣県三重にて一泊してきました。

先日の記事に書いた海外部の流れの一環なのですが、「宿泊合宿」みたいなノリで、尾崎塾の尾崎さん、そしてこの夏シドニーに滞在予定のAくんと。尾崎さんのご家族(奥さん、子供たち、猫たち、そして犬も)に温かいもてなしを頂き、少し早い夏の旅行気分を満喫させてもらいました。

今回の旅は、元は僕がAくんとやり取りしていた時に「久居(Aくんの地元)って何か面白いところある?」と聞いて、「うーん、あえて言うなら家の近くに神社があって、こじんまりしてるけど大木とかあって僕は好きです。」「いいじゃん!よし、行くわ。」ってところから始まりました。

「平均点なんかどうでもいい」論

phoenix夕暮れ@名古屋市内某所


週1で日本語のスカイプ指導をしています。

生徒さんはオーストラリア人の女の子で、名前はAlex(アレックス)。現在、7th grade(中1)の彼女ですが、非常に好奇心旺盛で、とりわけ日本のアニメカルチャーの大ファンです。

ゲストハウス漂流記

IMG_1201Len@京都河原町

 

ここ数ヶ月で5件のゲストハウスを訪れました。

「よし行こう!」と自発的に訪れたというよりは、友人に手配してもらったり、たまたま立ち寄るチャンスがあったりと、縁に引き寄せられるように流れ着いた具合です。

以前なら旅先で宿まる所といえばビジネスホテルが定番でしたが、最近は同料金以下で魅力ある体験のできるゲストハウスにハマりつつあります。

ゲストハウスは「リーズナブルな素泊まりの宿」ですが、ホテルとは異なる特徴がいくつかあります。一つに、宿泊者同士の交流が活発であること。また、バックパッカーなど外国人の利用が多いため、多国籍な雰囲気を楽しめるのもゲストハウスならではでしょう。

写真のlenは、1階がカフェバーになっており、なんだか小洒落た雰囲気。その他にも町家を改装したゲストハウスや、名古屋の老舗喫茶とコラボしたものなど、一風変わったコンセプトのゲストハウスが増えてきています。