Articles for 4月 2017

英語の文章、読んでますか

IMG_5560

こんにちは。近頃は毎週ブログを書いている古橋です。いつまで続くかは分かりませんが、我ながらこうやって宣言し始めたらすでに怪しい雰囲気がします。笑 さて今回も書いてみます。

タイトルのまんまですが改めて。英語の文章、読んでますか?

学生さんはもちろん除いたとして、意識しない限り英語の文章に触れる機会って日常なかなかないですよね。(仕事は別として)僕も例外ではなく、ほとんど自分に問いかけてるようなものです。

 

「英語魂と銘打っている割には、最近めっきり英語に関する記事がないではないか。」今更ながらそう気づいたこともあり、今回は英語の記事にしてみます。

といっても小難しい話はナシで、肩慣らしに短い英語の文章を読んでみましょう、とそれだけです。上に載せたナショジオことNational Geographicの4月号より抜粋。ナショジオは基本的に写真がメインなので、視覚的に楽しく読みやすいです。

 

|8000年前の人類

IMG_5554

今月は人類の進化に関する特集でした。抜き出したページは8000年前の人類の様子。

 

8000 YEARS AGO

 

ADAPTED TO

A DESERT CLIMATE

 

まずは右上の見出しから。写真からでは読み取りにくいので打ち込んでみました。和訳とコメントも添えておきます。

【和訳】

8000年前

(人類は)砂漠の気候に適応した


【コメント】

「adapt=適合させる」。1文字違いでadoptがありますが、こちらは「採用する」で意味が異なります。

 

 

|何世代もかけて適応する

IMG_5559

次に本文を拡大。以下、読みやすいように行間をつけました。

 

The desert presented an evolutionary challenge for the inhabitants of Sahul,the continent that once united Australia,New Guinea,and Tasmania.

 

After the ancestors of modern Aboriginals made the crossing to Sahul,around 50,000 years ago,they developed adaptations that allowed them to survive below-freezing temperatures at night and days often exceeding 100 degrees Fahrenheit.

 

A genetic mutation in a metabolism-regulating hormone provides this survival advantage,especially for infants,by modulating the excess energy that’s produced when body temperature rises.

 

フリーの文字起こしソフトってあるんですかね。3分の2くらい手打ちした後に気づく。笑 まあこのくらいの文章量ならそんな変わらんですけど。

【和訳】

砂漠はサウルの住民に対し、進化への課題をもたらした。サウルとは、オーストラリア、ニューギニア、タスマニアが一体となっていたかつての大陸のことである。

現代のアボリジニの祖先が50000年ほど前にサウルへ渡った後、彼らは夜間の氷点下や華氏100度(約38℃)を超える昼間でも生存できるよう進化を遂げ始めた。

代謝調節ホルモンにおける遺伝的突然変異が、体温が上昇すると発生する余分なエネルギーを調節することで、特に乳児における生存率の向上をもたらした。


【ひとこと】

Sahulって何だ?って慌てて辞書を引かずとも、文脈から地名であることは推測できます。落ち着いて後ろを読むとかつて存在した大陸としての説明が書いてありますね。

100 degreesと聞くと一瞬ビックリしますが、勘違い注意です。直後にFahrenheit(華氏)とあるので摂氏に直すと37.78℃です。何とか僕らでも耐えられそうですね。

英語は文法上「結論→補足」となりやすく、一瞬意味が入ってこなくとも落ち着いて読み進める内に視界が開けることが多いです。

 

 

読んでて思い出しましたがドラえもんに「テキオー灯」ってありましたよね。ちょっと浴びれば海底でも宇宙でも活動可能になるという。

砂漠の気候に適応するには何世代分もの進化が必要だけど、英語の世界だったら1世代で適応できます。テキオー灯いらず。

なかなかウマいこと言ったと思っています。それではまた次回!

 

【出典:National Geographic,April 2017,page 46-47】

4月の写真あれこれ

IMG_5455

こんにちは、古橋です。あっという間に4月も最終週ですね。

買ったばかりのスピーカーを開け放した窓際に放置していたら、豪雨で水浸しになりました。半泣きで浴室乾燥機にかけ、なんとか起動できるまで復活したもののこれ大丈夫なんかな…。何かサザエさんみたいな書き出しになりましたが、うっかりスピーカーを壊しかけるくらいには慌ただしい月でした。

今日の午後にT先生を新規の生徒さんに紹介してちょっと一段落です。今回は今月撮った写真をペタペタ貼っていこうと思います。

 

ちなみにトップの写真はKITTEという去年名古屋駅にできた郵政のビル内。大学時代の友人二人と飲んだ帰りです。ベンチがシャチホコの形になってて照明も金という。名駅は最近建築ラッシュで行くたびに変化があって面白いです。 

 

以下は主に仕事の合間に歩きながら撮った写真。車移動ばかりで運動不足なんでちょっとでも時間があればなるべく歩くようにしてます。とっくに見納めですが、撮影時期的に桜多め。

 

|千種スポーツセンター前

IMG_5400名古屋、4月上旬は天気悪かったんですよね。これを撮った瞬間はちょっと晴れ間がのぞいてて、夕方6時くらいでしたが比較的明るく撮れました。場所は千種のスポーツセンター。向かいの千種図書館とセットで賑わってて、便利なので僕もよく行きます。

 

 

|吹上公園

初めて行った吹上ホールの近くの公園です。よく本を買いに行くらくだ書店に寄ったついでに。

IMG_5464

日曜の夕方6時すぎ。誰もおらず、噴水も止まっていてちょっと寂しげ。

IMG_5460

真横の吹上インターの車通りが多いだけに、余計に静けさが際立ってました。

 

 

|中京テレビタワー

IMG_5404

東山公園テニスセンターの真裏。中京テレビ本社は移転しましたが、タワーの存在感は残ってます。

 

 

|猫ヶ洞池

最後はtwitterにも上げたやつ、平和公園内の猫ヶ洞池5連発。

IMG_5425

座りたかったけどカップルが肩組んでました。

IMG_5433

連日の雨の影響で増水していて、平日なのに釣り人が多かった。

IMG_5440

軽く波打ってました。

IMG_5439

見上げるとこんな具合です。ちょうど散り始めたくらい。

IMG_5432

僕が今マンション買うんだったら確実にここにしますね(買えない)。

 

 

はい、そんなわけで来週もがんばります。それでは!

責任を持ってやります、の意味

pexels-photo-316466ただいま受験部(英語家庭教師)の新年度生募集中です。

今募集している生徒さんはT先生(30代男性プロ講師)が授業を担当しますが、私古橋も責任を持って担当します。

「責任を持つ」と言ったからには行動で示します。少なくともきちんと結果が出るまでの間(目安としては3ヶ月間)は、T先生の毎週の授業に加え私が月に一度授業を行います。月謝に含まれるサービスとして行いますので、余分な授業料は頂きません。

 

|一番はお子さんのこと

決してT先生の指導力を信頼していないわけではなく、むしろその逆です。指導や教育に関する話をし、ご家庭に同伴する中で、生徒さんやご家庭に対する真摯な姿勢を目の当たりにしてきました。

ただ、私がどれだけ先生に信頼を寄せているかをこの場で表明したところで、HPを見て依頼をしてくださる方にはあまり関係のない話だとも思っています。自分の大切なお子さんを預けるわけですから、一番はお子さんのことです。

本当に成績をあげてくれるだろうか。親身に寄り添ってくれるだろうか。不安に思いながら、今まさに家庭教師を探してこの記事を読んでいる方もいるかもしれません。

その気持ちは「子どものために」という一点に尽きるのではないでしょうか。分かったような口を聞いてはいけませんが、そうでなければ家事や日常のことで忙しい中、ネットを探してこんな所にまで辿り着いていないと思います。(そんなこともあろうかと検索では上の方に来るようひそかに頑張っていますが…笑)

そんな中で自分に何ができるだろうかと考えた結果、答えは一つでした。自分も生徒さんと一緒になって汗を流すこと。そうやって示していく以外にないだろうと。

生徒さんからしたら先生が2人もいて暑苦しいかもしれませんが(笑)、先にも書いた通りあくまでT先生がメインです。でも、それくらい手厚くやります、というのは伝えておきたかったのでここに書きました。必ず力になってみせます!よろしくお願いします。

* T先生は事情により実名をWEB上に公表していませんが、体験・ご依頼の際には詳しいプロフィール含めきちんとご紹介します。ご安心ください。

 

 |生徒さんに自信を持ってもらうために

IMG_5452

・南山小5年 Aさん 英検3級合格
・南山小6年 Bさん 英検準2級合格(筆記9割以上
・愛知中2年 Cくん 英検準2級合格(筆記8割以上)、定期テスト85点以上
・愛知中2年 Dくん 英検3級合格、定期テスト90点以上
・愛教附(名古屋)中2年 Eくん 英検3級合格、定期テスト85点以上、模試25点以上アップ
・千種台中2年 Fくん 英検3級合格(筆記満点)、定期テスト90点以上5科総合学年1位
・東海中2年 Gくん 定期テスト10点アップ、学年上位3割以内
・滝高校3年 Hくん 偏差値10アップ志望校合格
・高卒生 Iさん 偏差値10アップ志望校合格
・中学生 英語通知表平均 4.8(5段階中)

など

*1 実績として書かせていただきましたが、本人の努力とご家庭のサポートがあっての結果です。
*2 その他にも、Cくんのホームステイ体験やMくんのオーストラリア1か月体験(今年は自分でバイトしてお金を貯め、現地の英会話学校へ行ってきたとのこと)を英会話レッスンを提供しながらサポートさせてもらっています。

今担当している生徒さんたちがものすごく頑張って結果を出しているので、これだけ見ると「元々できる子たちなのでは?」と思われるかもしれませんが、過去には平均点を切るレベルから40点アップした生徒さんもいます。

「できるんだ」という自信を持ってもらいたいからこそ、結果が出るまで根気強く寄り添います。生徒さんそれぞれが目標に向けて真剣に努力しており、そのサポートをさせてもらっています。

 


T先生の紹介や家庭教師指導について詳しくはこちら

* 指導日について、平日の夜や土曜など比較的融通は効きます。残席は2名で、ご連絡を頂いた順に対応させていただきます。名古屋市内に加え、一宮方面の方も指導可能です。詳しくはお問い合わせください。

ニューヨーク旅行記

FullSizeRender

こんにちは!古橋です。

実は3月の末頃に1週間ほどお休みを頂き(一部の授業はTaka先生にお願いして)、ニューヨークに行ってきました。

写真は自由の女神です。天気も良かったし、フェリーからの眺めはなかなかの迫力。

1時間に数本運行している無料のフェリーで、結構近くで見れます。実際に島まで行くにはもちろん有料ですが、女神像の王冠部分まで登れるらしいです。

新年度で新たな先生をお迎えしたので、そのことももう少し詳しく書きたいのですが、ぼちぼち旅行のことを書いておかないと自分の中で風化していってしまいそうなので、今回は旅行日記を。詳しくは後で書きますが、仕事も少ししてきました。

 

|タイムズスクエアと観光

IMG_4638

タイムズスクエアです。「ここは!テレビで見た!あの場所では!」っていう旅行中そればっかなんですけど(笑)、実際自分がそこに立ってるってだけで感動するんですよね。無邪気に写真撮りまくってました。

帰国後にたまたま読んだ西加奈子の「舞台」という小説で、人生で初めてニューヨークを訪れた男が主人公なんですが、「観光名所ではしゃいでいる自分を他人に悟られたくない」という(相当面倒くさい)自意識過剰っぷりが面白い話でした。共感するところも多くあったものの、この光景にはしゃがずにいるのは自分には無理でした。

ここまでカラフルで目にやかましい(笑)光景って、世界中探してもそうそうないんじゃないでしょうか。

 

|ブルックリン(Airbnb滞在)

滞在中、今回も一泊はAirbnbを利用しました。ブルックリンの郊外のアパートです。

*過去記事Airbnb(①シドニー、②伊良湖岬

ホストに勧めてもらったmaiteという店のハンバーガーがめちゃくちゃ!美味かったです。ハンバーグ+フライドエッグ(素揚げした半熟卵)の組み合わせが最強でした。

maiteこれは店のHPから店内写真。ハンバーガーの写真も撮ったんですけど、店内照明とテクニックのなさで残念な仕上がり(後者の理由が主)だったので控えます。生徒さん(小6の女の子)に見せたら「ゲッ!」って言われたレベルの写真ですので察してください。

それはそうと、今のところAirbnbで外れたことがないです。事前にレビューをよく読んで危なそうなところは予約してないというのもありますが、システムがよくできてるのだと思います。

前にも似たようなことを書きましたが、親戚の家っぽいというか。「外出て一つ目の角を曲がったら○○って場所があるから、ちょっと散歩しておいでよ」って言われてワクワクするような人に向いてると思います。

NYC近代美術館やらセントラルパークやらその他諸々、一週間滞在してまだまだ写真はありますので、また今後のブログで小出しにしていきます。

 

|アメリカ人講師の方たち

冒頭にも少し書いた通り実は仕事もしてます。現地で募集をかけて何人かのアメリカ人講師の方にJob Interview(面接)をしてきました。

募集をかけるのにアメリカの電話番号が必要で手続きがやや面倒でしたが、その甲斐あって思った以上に多くの連絡を頂き、現地の先生と話ができました。

国を越えて多様なバックグラウンドを持った講師が何人かいると、もっと面白くなるのではないか、と思っています。先生として「教えるのが上手い!」とかスキル的なことはもちろん大切ですが、先生の人間味や趣味・生まれ育った背景も含め、生徒さんの興味を引くキーワードがあると、それだけでもう強力なフックになりますよね。

アメリカ人の先生たちと話していると、土地柄なのか?アートやダンスといったキーワードが異口同音に出てきました。フリーランスとして絵を描いて生計の一部にしている人もいれば、ヒップホップダンスのインストラクター経験を持っている人もいました。

現地のカルチャーに惹きつけられて海外に興味を持つパターンは多いです。なので、個々のアンテナが反応する先生と繋げられたら、面白い化学反応が起こるのでは、と。これについては、今後もう少し具体的になったらまたお伝えします。今回はこのあたりで!

IMG_5275

受験部:生徒募集再開のお知らせ

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは、古橋です。

タイトルの通り、受験部の生徒募集再開のお知らせをします。

先月講師の方をHPで募集(経緯はこちら)した結果、指導方針に賛同してくださった方から連絡をもらいました。30代の男性講師で、受験指導歴10年以上の経験者です。

経歴:埼玉県出身。東京外語大卒。英検1級。TOEICライティング200点(満点)。商社にて営業職を経験したのち英語講師となる。10年にわたる大学受験指導のほか、英会話スクールにて英会話の指導、および英検面接対策指導、TOEIC対策指導、ビジネス文書翻訳などの経験もあわせもつ。小学生の娘と幼稚園児の息子二人の育児に励むいわゆる「イクメン」でもある。

ひとこと:個人個人にしっかりと向き合った丁寧かつ柔軟な指導をいたします。学力の向上だけにとどまらない、もっと深いレベルでの指導・助言・相談・対話などを心がけています。英語に関しては受験を含め幅広い分野でお役に立てると自負しております。お任せください。また、私は自分で子どもを育てるうちに、子どもの気持ちや考え方がよく分かるようになりました。お子さんが自身の能力・技能を十二分に発達させることができるよう、良い関係を築き、指導者としての役割を果たせられるよう頑張ります。

とても優秀な経歴をお持ちで、僕なんか完全に負けているのですが(笑…ってもいられませんね。刺激をビシビシと受けてます)実際に会った印象としてはとても親しみやすく誠実な方でした。

一方で、指導に関しては一切妥協せずきっちりと結果を追求していく姿勢で、親しみやすさの中に強い責任感を合わせ持った先生です。

現在、以前からお問い合わせいただいていた方向けに体験授業を実施し、早速生徒さんに紹介しているところです。指導枠には限りがありますが、ご連絡いただいた方から体験授業をさせていただきます。

お子さんの可能性を伸ばし、目標を叶えるお手伝いができればと思っています。ぜひ我々にお任せください!

お問い合わせに関してはフォームからお願いします。