Articles for 10月 2017

受験部満席 / 指導集中

IMG_4933ハイライン@ニューヨーク

こんにちは!古橋です。

少し更新の間が空いてましたが、すっかり寒くなってきましたね。今日もお知らせです。2点あります。


|受験部は満席となりました

受験部の生徒募集枠は満席となりました。ありがとうございます。来年度(2018年3月以降スタート)より指導をご希望の方はお問い合わせください。

今月はM.I先生の体験授業に同行していたのですが、先生に「経歴とひとこと」を書いてもらいオープンに募集した甲斐あってか、相性の良さそうな生徒さん達との出会いがいくつもありました。

先生と生徒さん・ご家族との意外な共通点(スポーツや出身等々)が見つかることも多く、ご縁を感じた10月でした。

いつも同じようなことを書いていますが、最初の数ヶ月が肝心です。そこで何らかの成果が出れば生徒さん達の自信につながりますので、気を引き締めてしっかりサポートしていきます。

 

|しばらくは指導に集中します

これにて生徒募集もひと段落しましたので、しばらくは指導に集中します。今年は受験生も多く、ここからが一層大事な時期。生徒さんや先生と共に頑張ります。

ブログの更新ペースも落ちるかと思いますが、来年にはまたパワーアップして帰ってきます。(とか言いながら、普通に年内も更新するかもしれません。笑)それでは!

本山駅付近で英語の個別指導が可能になりました

スクリーンショット 2017-10-07 21.19.28

こんにちは。古橋です。今日はタイトルの通りでお知らせです!

 

|本山駅付近で英語の個別指導可能です

大事なことなので2回書きましたが、少し補足を。

当然のことながら、問い合わせをくださった方にはお応えし力になりたいです。

どうしても距離的に難しいことや、時間帯・コマの都合で希望に沿えないこともあるのですが、まずは何とかできないか考えたい、と思っています。

今回、市外の方から家庭教師の問い合わせをいただき、自宅が無理なら学校帰りに東山線沿線などで指導はできないか、と言っていただいたので、スペースを探し指導を開始することになった次第です。

本山駅から2分程度の本山シェアオフィスさんの一角をお借りします。(授業中は個室として利用可能です。)

また受験部のページにも詳細を追記しますが、取り急ぎお知らせとして記しておきます。学校帰り等、ちょうど都合が良いという方がいらっしゃったらぜひご連絡ください!

 

現在生徒募集中のM.I先生の指導可能曜日は以下の通りです。

指導可能エリア:名古屋市内(地下鉄沿線を中心に応相談)、もしくは本山駅付近にて個別指導可能

交通手段:公共交通機関

時間帯:水曜(14:00〜)、金曜(16:30〜)

悔しさと限界突破

0c1816521bdc9f35b6e9ea52cfb091c7_m

夏の模試が返ってきている。生徒たちから目標達成の報告が次々と来て、いっしょになって喜んだ。この仕事をしていて一番嬉しいのは、こういう瞬間に立ち会えることだ。

 

|悔しさをバネに

先日の定期テストで悔しい思いをした中3の男子がいた。Rとする。自分なりに必死に頑張ったのに結果が振るわない。志望校が遠ざかる。相当焦りも募っていたと思う。

返却されたテストを前に、そんな気持ちを悟られまいとRは気丈に振舞っていたが、もっと素直になっていい、悔しくないのかと伝えた瞬間感情が溢れた。「悔しいに決まってる」そう言い返した時のRの目は涙で溢れていた。

 

|目標達成が与える力

それから2週間後。今週返却された模試で、Rはずっと目標にしていた5科総合での偏差値60を突破した。2年の終わりには50を切っていたので、約半年で10以上アップしたことになる。具体的な数値目標は人それぞれだが、自分の限界を突破しよう、という意気込みでつけた目標なので素直に嬉しかったことだろう。

受験までの残り約半年をどう過ごすか。気を抜けないどころか、ここから更に追い込んでいかなければならない。例え夏の時点で結果が出なかったとして背水の陣で挑むのみだが、今回のような目標達成は受験を最後までやり抜く気力を与えてくれる。

このまま力強く進み、後悔のない受験をしてほしい。その姿を見届けるためにしっかり後押ししていこう、と決意を新たにした。

 

|成長の過程

今回は語り口調を変えた。長らく「ですます調」だったせいか書いていて新鮮味があった。あまり形式にはこだわらず、今後も普段の生徒とのやり取りなど定期的に書き連ねていきたい。

驚くような生徒の成長を目にする度、それを家庭の中だけにしまっておくのをもったいなく思う。かといって「偏差値10アップ!」とだけ書いて周知しても、一番大切な成長の過程が伝わった感じがしない。また、数字に表せるものばかりでもない。その点、ここに書くとその過程を振り返ることができるので良い。