Articles for 3月 2018

桜咲く

fcd72c2fedb4169d50e4fa9e3168db23_m本日愛知県公立高校の合格発表がありました。

Rくん、春日井高校合格おめでとう!Mくん、旭丘高校合格おめでとう!

嬉しいことは皆に共有、ということで速報をお届けしました。本当に良かった!

三重県津市久居で友人が始めた塾「オールラウンド」

1518112709-2

僕のオーストラリア時代の学友である渡辺絢也くんが三重県津市久居で塾をやっています。その名も「大学進学塾オールラウンド」。

 


英語がめちゃ流暢です。

 

|心強い友人

2013年の同日にオーストラリアに到着し、たまたま利用したエージェントさんが同じで、図らずも共通の語学学校に通ったという、こうして書き出してみると非常に縁が深い。実際その存在にとても助けられていて、

・ネイティブ講師と連携してレッスンをしたいと考えていた僕に、当時彼の仕事仲間だったTaka先生を紹介してくれた

・自分が色々やらかして周りの人に迷惑をかけた時に、「I’m always on your side!」とニュージーランドから励ましのメッセージをくれた

・イベントや何か新しいことを始めるときに、いつも真っ先に連絡をくれ周りの人にシェアしてくれる

一人何もない状態で始めた当時の自分にとって、どれほど心強かったことか。学校の昼休み、腹を空かせた僕にレストランの賄いの残りをくれたこともありました。笑 同じ釜ならぬタッパーの飯を食った仲です。

 

|大きく成長できる塾

自分のところ以外の教育業を語るほど偉くはありませんが、彼のブログを読むと個別具体的な指導の記録が書いてあって、自分も学生時代にこういう指導を受けていたらもっと成長できたかもしれない、と思わずにはいられません。以下、オールラウンドの記事から一部引用します。

数学が苦手な生徒に共通する行為の一つですが、「定数や変数を扱うときに、『具体的な数字を試しに当てはめてみる』といったような小さな実験を全くせず、抽象的な問題のままで解答を進めようとし、行き詰まる」という状況をよく目にします。
数学にかぎらず現代文でも英語でも小論文でも感性でも同じことが言えるのですが、「具体例・比喩・シンプルな実験」などといった、簡単であれ何かしら具体的な作業をしてみることにより複雑だった抽象的な問題を解く糸口が見つかるといったことは、大学受験レベルだとかなり頻繁にあることです。

オールラウンドの業務日誌(塾ブログ) - 「Simple is best」より

しっかりと生徒目線に立って、どうすればその生徒の立場・能力で問題を解決できるかをとことん突き詰めているという印象。しかも英・数・国の主要3教科対応は嬉しい。

百聞は一見に如かずということで(ここで伝え切れない己の表現力のなさが憎い。笑)お近くの方はぜひ!大学進学塾オールラウンドFBページもあります。

 

|終わりに

今忙しくて心の余裕がやや少なめなので、こういう時こそ友人のことを書こう、と思いました。励まし合い切磋琢磨できる関係に感謝しつつ、本日はこの辺りで!

3月10日の日記

IMG_3574

これはほんの1時間ほど前に近所を散歩してた時に撮ったもので「右下の白い梅の花が春っぽい」と思いカメラに収めたんですが、字面・色共にパワーのある幟と背景の五重塔が相まって何だかゴチャゴチャした写真になってしまいました。日中暖かくなってきましたね。古橋です、こんにちは。

 

|愛知県公立高校入試始まる

1月の大学入試センター試験を皮切りに受験モードが続きましたが、3月の公立高校入試で一区切りとなります。先日B日程の入試が終了し、残すところ12・13日のA入試のみ。合格発表は3月19日!全国的に見てもかなり遅いようです。

そして3月上旬は卒業シーズンでもありました。卒業式前は「全然実感がない!」と言っていた生徒が多かったです。気持ちは分かる。でも最後の壇上での学年合唱とか、式終了後のホームルームで一気に実感わくよね。自分はそうでした。何はともあれ卒業おめでとう!

 

|特に意図のない文章

お気づきかもしれませんが、今日のブログは思いつくままに適当に書いています。たまにリラックスして好き勝手書くと頭の中が整理されるのか、その後のパフォーマンスが上がる(もちろん主観です)ことに気が付きました。

何度も書いている通り、こういう文章を書く場と仕事上のお知らせと英語の記事を分けないから冒頭の写真みたいに支離滅裂になる訳で、良くないと分かっているものの数ヶ月に一度は毒出しのごとく書き散らしたくなります。

毒出しという言葉の響きは剣呑ですが、言うまでもなく仕事は好きです。自分で言うのも何ですが本当に恵まれてると思います。特に最近は教室開校や新たな生徒との出会いもあり一層楽しくやりがいも増してきたところ。

ただ、それに伴なって相応の責任・プレッシャーがのし掛かってくるというのも正直なところで、そんな状態の中で常に「何かを意図した」文章なり告知なり英語の記事を量産し続けるのは自分にとって難しい。たまに何の意味もないこともしたくなります。(ていうか、心配しなくとも普段からそんなに意義深いことができている訳でもないですが。笑)

 

|土曜の夕方

本日土曜日は昼過ぎまで授業をし、もう一仕事と思い喫茶店で事務処理に打ち込んでいました。午後4時頃にキリをつけ休憩。自分の裁量一つなのでやろうと思えばやることはいくらでもある。

事務所に戻ってさらに追い込むこともできましたが、窓の外を見ると天気が良すぎる。結局誘惑にあっさり負け「1、2時間散歩したる」と息巻いて一旦仕事は放り投げました。笑

初め覚王山日泰寺の裏側辺りを歩いてたんですが、土曜の夕方頃とあってガレージで洗車や日曜(土曜)大工をしている家がチラホラと。道中、お父さんの手伝いをしているであろう低学年くらいの女の子が路上に出て来て、箒でティッシュペーパーの欠片?みたいなのを追いかけ始めました。

いやそれは絶対に箒じゃ取れない、と思いながら進行方向にいたので見届けていたんですが、うまいこと紙片を捕獲しようと家の外壁に追い込み叩きつけようとするも、当然風に舞ってスルリと抜けていくだけ。それでもバシバシ叩くので、結果自宅のコンクリにダメージを与えるだけになっていました。

お父さんが黙々と作業をしているのをよそに、笑顔で自宅の壁を叩き続ける娘さん。

正直、何の生産性もない時間(それどころか家財に被害を与えている)なんだけど本人はすごく楽しそうでした。ただそれだけの話ですが(笑)印象的だったので。

その後八事の興正寺に行って冒頭の写真を撮ったわけです。(終わり)

 

|終わりに

ということで本当に何の意味もない文章ですが、先述したようにそれをこそ書きたかったんです。何も意図しないことでかえって自分が有意義になった気がします。お付き合いありがとうございました。次回はしれっと仕事モードに戻っていることでしょう。本日はこの辺りで。それでは!

IMG_3568

興正寺@八事