IMG_7335

(写真左:オールラウンド /右:尾崎塾)

 

こんにちは。古橋です。

先日、三重にある友人の塾「大学進学塾オールラウンド」と「尾崎塾」の見学に行ってきました!

 

まずはオールラウンドへ。教室内を見学後、津西高1生のNくんが週末に英検を受ける、ということで話す機会をもらいました。直前まで学校のテストがありなかなか対策が取れていない、ということでしたが、こちらのちょっとした解説をよく理解し、また能動的に質問をしてくれました。

自分でしっかり考える、必要な所は適切にヘルプを求める。そういう雰囲気が教室全体に漂っていたように思います。塾長のブログや教室の壁に貼られた学習アドバイス・進捗表などが考える力を育むヒントになっているのだろう、と。

『高校まで』と『高校以後』の勉強の仕方の違い(オールラウンド ブログより)

(中略)
「外部からのプレッシャーに晒されず」

「リラックスかつ集中している状況で」

「自分の頭を使って」

考えることが必要になってくる

 

オールラウンド階上3階が尾崎塾です。入室するとちょうど休憩時間で、ほどなくして英語の授業が始まりました。

中2の未来形の単元。尾崎先生からwillとbe going toの違いについて「どうですかね、古橋さん」というパスが来て、授業に参加させてもらった気分に。笑 嬉しかったです。

その後も生徒さんへの声かけが飛び交い、各自伸び伸びと学ぶ中にも教室全体の自然な一体感を感じました。同じ空間で複数の中学・様々な層の生徒さんをカバーする手厚さに驚き、興味津々で見ているとあっという間に授業終了時刻になっていました。

 


 

訪問当日は色々な興味や刺激を受け、正直頭が追いつき切っていなかったのですが、数日経って自分も試してみたいと思うことが一つまた一つと頭に浮かんできました。

具体的には「壁面の学習アドバイス」・「こちらから助言を与えすぎず堪えて待つこと」、「スキマ時間での学習管理」など。新たな発見、もしくはやっているつもりで徹底できていなかったことが多くあると気付かされました。

授業を見せてくれた渡辺くん・尾崎さん・生徒さんたちに感謝しつつ、体験を元に自身の場で取り組んでいきます。私信のようになりますが、改めてありがとうございました!



コメントを残す