mustとhave to

 *この記事は基本的に中3生以上、もしくは大人の英語学習者向けです。

adera

阿寺渓谷

 

こんにちは!古橋です。

 

先日、教室で作業をしていた時のこと。高校生の女の子が他の先生に質問する声が耳に入って来ました。内容はwillとbe going toの違いについて。

「willも含めて助動詞は主観的なニュアンスを表すことがあって…」

という説明。おお、と納得しながら横で聞きつつ、自分はそういう切り口で伝えたことがなかったな、と考える。

同時にバチっと点と点がつながった瞬間でもありました。何が…って少し長くなるかもしれませんが書いてみます。

 

|推量について

willやcanなどの助動詞の単元で「推量」の話をすることがあります。例えば、「彼は医者です。」って英語でなんて言いますか?

そう、” He is a doctor. ” です。これは彼=医者という「事実」ですよね。

 

【事実】He is a doctor. 

 

一方、「彼が医者かどうか」が分からないときは主観的に推し量ることになります。例えば病院内で白衣を着ている男性がいた。「彼は医者に違いない。」事実は分からないけど、話し手は100%そうであると確信しているとき。

「違いない」はmust。”He must be a doctor. ” です。

 

【事実】He is a doctor.  


【推量】He must be a doctor. 

 

事実と推量。この2つには大きな差があります。

ついでに正反対の推量も考えてみましょう。例えば、病院併設のコンビニの前でヤンキー座りでタバコを吸いながら、ビールの空き缶に囲まれているパンチパーマの男性がいたとします。(人を見た目で判断してはいけません)

「彼は医者であるはずがない。」こう思ったとします。英語で言うと?ちょっと考えてみてください。ちなみに中1で習う単語を使います。

He can’t be a doctor.

 

ここまでをまとめてみます。

 

【事実】He is a doctor.  


【推量】He must be a doctor. (100%)

    He can’t be a doctor. (0%)

 

* %は「話し手がそう思っている」度合い。主観的な判断。

 

この他にも推量表現はあって、中間の50%ぐらいなどを紹介したい気持ちもありますが、本筋からそれるので一旦ここまでにします。

伝えたかったのは、ここではmustなどの助動詞が主観的な判断を表しているということ。言うなれば「自分がそうだと考えている」だけです。事実かどうかは別の話になります。

「助動詞」→「主観的」あとで出てくるのでぜひ覚えておいてくださいね。助動詞は主観的。

 

|mustとhave to

で、やっとタイトルのmustとhave toの話です。お察しの通りキーワードになるのが「主観」です。

中学でmustとhave toを習いましたよね。⬇︎のような書き換え問題に見覚えがないでしょうか。

 

  I 【 must 】do my homework.

= I 【 have 】【 to 】do my homework.

 

これ間違ってますよ、なんて言うつもりはありません。大体こういう問題は「空欄を埋めてほぼ同じ意味の文にせよ」って書いてあります。

親切な先生であれば「実際は少し違うんだけどね」と、両者の違いについてより詳しい説明をしてくださったことと思います。

 

先ほどの話を思い出しましょう。mustは助動詞です。ということは?そうです、主観的な判断を示すことがあります。

つまり”I must do my homework. “は「宿題をやらなければならない」と自分が強く思っているということ。

一方の”I have to do my homework. “は、他者からの強制・約束などで「やらなければならないとされている」こと、です。

宿題、という語でまず連想するのは後者ですよね。もちろん、宿題であっても本人が心から必要としていて、やらなければならないと認識している場合は”I must do my homework. “と言っていいと思います。

 

mustが内発的、have toが外発的と言い換えてもよさそうです。

(主語をYouにしたり、否定文にするとまた違ったニュアンスが出ますが、分かりやすくするために今回はあえて主語をIに限定して単純化しています。)

I mustとI have toの違い、伝わったでしょうか。冒頭の助動詞willの説明を聞いていて、この話が頭の中でリンクしました。ちなみにI willと言うときは、「するつもり」という自身の強い意志を示すことがあります。理由はもう分かりますよね。

 

|自分の中でmustとhave toを切り分けて考えてみる

数日後、高3男子Tくんの授業中のこと。受験生らしく「やることが多くて」という声。といっても愚痴っぽい口調ではなく、単純に「やらなければならないこと」や「やりたいこと」が溢れ、何から手をつけたらいいか迷っているようでした。頭の中が大渋滞中に見えたので、A4の真っ白な紙を渡し、とにかく一回書き出してみたらどうかと提案しました。

 

【Tくんのメモ】

志望校のこと

Duo(単語帳)

オープンキャンパス

センター模試

漢字の部首

化学

物理のファイリング

*本人にしか分からないこともあると思いますが、あえてほぼそのままで

 

この時点では書き出してもらって一緒に整理しよう、くらいにしか考えていなかったのですが、リストを見ていて思いついたことがあり言いました。「そういえば、mustとhave toの違いって覚えてる?」と。

 

▪︎

 

そしてこうなりました。

S__270417923

 

【その後】

5分程度で終わるものはさっさと終わらせてリストから消した方がいい、と伝えてみたり、「これは自分的にmustとhave toの中間な気がします」「まあそういうのもあるよね」ってやりとりがあったり。

内発的なmustが望ましい感じがしますが、かといってhave toが悪者な訳でもないと僕は思います。そういう外側からのプレッシャーのおかげで鼓舞されることもある。

少なくとも自分は内発的な動機だけで動き続けられるほどできた人間ではないです。やらなければ、と思いつつ皿洗い忘れたりしますし^_^;

 

もちろんこれで万事解決、という訳ではないのですが、来た時よりスッキリした表情になって帰っていく生徒を見て嬉しく思いました。

久々にちょっと長くなりました。それではまた!

 

【参考文献等】
・Grammar in Use
Must vs Have to(BBC Learning English)
↑この動画、要点はっきりでめちゃくちゃ分かりやすかったです。

この夏すべき受験対策(大学受験編)

natsujukenb

今回の記事は英語講師のT先生に書いていただきました。編集は古橋です。それではどうぞ!

 


受験生にとって大事な夏休み。 この時期をいかに過ごすかはその後の勉強の成果にも大きな影響を与えます。今回、「夏休みにすべきことは基礎力の構築!」 というテーマで記事を執筆させていただきます。

 

 

夏休みは徹底的に基礎力を鍛え上げる

どの科目にも当てはまることだと思いますが、夏休みこそ、徹底的に基礎力を鍛え上げる時期です。ところで、英語における基礎力とは具体的にはどういったものを指すのでしょうか。

一にも基礎、二にも基礎、とはよく耳にするけど、じゃあいったいその「基礎」って何だろう? と思っている人は意外に多いのが現実です。もちろん、先生によって定義は異なるかもしれませんが、私が考える英語の基礎力は「語彙力」「文法力」です。

 

基礎力(1)語彙力


・5000〜6000語を目標に

語彙力の中には、純粋な単語力だけでなくフレーズ力も含まれます。「right away, in advance, take advantage of」といった、複数の語の集まりで意味を成す決まり文句ですね。

ではどれくらいの語彙力があればいいのでしょうか。これは受験する大学・学部の難易度にも左右されるので一般化はしにくいのですが、大学受験生の一つの目安として5000~6000語程度の語彙力が望まれます。

語彙力を簡単にチェックできる有名なサイト(http://testyourvocab.com/)がありますので、興味のある方は自分の語彙力をぜひ診断してみてください。

 

・まずは単語帳1冊を完璧に仕上げる

さて、高校生のみなさんが5000語以上の語彙力を身につけるにはどうしたらよいか、ということですが、まずは単語帳1冊を完璧に仕上げましょう。

DUO 3.0や、速読英単語必修編、ターゲット1400、あるいはCore1900あたりを候補に挙げておきます。1冊が仕上がったら、同レベルの別の単語帳に着手してもいいし、早慶などの難関大を目指す人ならさらにランクの高い単語帳(速単上級編、ターゲット1900、キクタン6000、英検準1級パス単、など)に手を伸ばすべきでしょう。

 

・五感をフル活用する。単語カードもオススメ

単語の覚え方ですが、みなさんはどうやって覚えていますか?私の経験上、ひたすら紙に書きまくって覚える人をよく見かけるのですが、個人的にはあまり賛成できない手法です。理由は簡単で手が疲れるからです(笑)それよりも、耳で音を聞きながら覚えるようにしましょう。そして自分の口でもちゃんとその単語の音を発するようにしましょう。

また、お勧めしているのが単語カードの活用です。各単語をカード化する作業は少し面倒ですが、一度作ってしまえば、単語のランダムチェックができるようになり便利です(単語帳だといつも同じ順番で目にすることになる)。

チェックする際には、「①長期記憶コース、②もうひと押し!、③まだぜんぜん駄目」の3種類の山にカードを分類していくようにしましょう。そうやって単語の定着度を測定する作業は楽しいですし、ある意味ゲーム感覚でボキャビルができます。

 

基礎力(2)文法力


・文構造を理解する力を身につける

文法力とは、たとえば各助動詞の用法や仮定法の動詞の形といった、いわゆる文法知識にも言及していますが、それと同時に「文構造理解力」にも重点が置かれています。英語ができるようになるためには、英文の仕組み・語順感覚が脳にしっかりと定着し、各文の構造がどうなっているのかが瞬間的に分からなければなりません

例を出しましょう。以下の英文を見てください。

What I mean to say is that the problem obviously lies with those who use guns, not with guns themselves.

私の言いたいことは、明らかに問題は銃を使う人々にあり、銃自体ではないということです。

この1文を目にして、「 [ What I mean to say ] is [ that SV with …, not with ~].  → [ わたしの言いたいこと ] = [ …ということ ]」という構造がパッと瞬間的に理解できなければならない、ということです。

単語を一定量知っていて、かつ文の構造理解力が十分にあれば、英語はそれなりに読めるようになります。

 

・問題を解くだけでなく、文法書も読み込むこと

文法力を固めるには、やはり文法書をしっかり読み込むことが必要です。ネクステージなどの文法問題集のみで文法の勉強をしようとする人もいますが、ちゃんと文法解説書(Forestなど)と併用して使うようにしましょう。

そうしないと、ただ単に問題を解くだけでパターン学習に陥りやすく、根本的に文法を理解することにつながらないことが多いからです。もし分厚い文法解説書に抵抗を感じるようであれば、アルク出版の「キク英文法」をやることを勧めます。重要な文法事項が上手に整理されて解説されています。

英語の4技能(読む、聞く、書く、話す)のどの領域においても、「単語力」と「文法力」という2本の柱は欠かせない存在となります。スピーキングを例に挙げると「話す」という行為は「書く」という行為を紙面上から口頭へと移し替えたものに他なりません。書けない英語は当然、口からは出てきません。そして、その「書く」という前提能力は、文法の力が十二分になければ備わらないものです。


 

T先生ありがとうございました!元々は1500字程度の予定でしたが、なんと(ありがたいことに)倍近くのボリュームで届きました。それだけ受験生のみなさんに伝えたいことがあったということでしょう。ぜひこの夏の学習に役立ててくださいね。

「作る」ではないmake(動画付き)

IMG_1138レトロな路面電車@広島

先週のことですが、名古屋の友人と広島に行ってきました!オーストラリアのワーホリや留学の仲間たちで「何かやろう!」ということで、メンバー同士がお互いの地元を訪ね歩き、面白いことになってきています。

英語の12時制を最速で極めるためのテクニック<時制の一致編>

medium_3816524907「一致」という言葉に惑わされないようにしましょう。

時制に関する特殊ルールはこれで最後になります。「時制の一致」は、実践で押さえると良いです。以下の空欄に適切な単語を入れてください。

I thought that Tom (    ) happy.
「トムは幸せだと思った。」