責任を持ってやります、の意味

pexels-photo-316466ただいま受験部(英語家庭教師)の新年度生募集中です。

今募集している生徒さんはT先生(30代男性プロ講師)が授業を担当しますが、私古橋も責任を持って担当します。

「責任を持つ」と言ったからには行動で示します。少なくともきちんと結果が出るまでの間(目安としては3ヶ月間)は、T先生の毎週の授業に加え私が月に一度授業を行います。月謝に含まれるサービスとして行いますので、余分な授業料は頂きません。

 

|一番はお子さんのこと

決してT先生の指導力を信頼していないわけではなく、むしろその逆です。指導や教育に関する話をし、ご家庭に同伴する中で、生徒さんやご家庭に対する真摯な姿勢を目の当たりにしてきました。

ただ、私がどれだけ先生に信頼を寄せているかをこの場で表明したところで、HPを見て依頼をしてくださる方にはあまり関係のない話だとも思っています。自分の大切なお子さんを預けるわけですから、一番はお子さんのことです。

本当に成績をあげてくれるだろうか。親身に寄り添ってくれるだろうか。不安に思いながら、今まさに家庭教師を探してこの記事を読んでいる方もいるかもしれません。

その気持ちは「子どものために」という一点に尽きるのではないでしょうか。分かったような口を聞いてはいけませんが、そうでなければ家事や日常のことで忙しい中、ネットを探してこんな所にまで辿り着いていないと思います。(そんなこともあろうかと検索では上の方に来るようひそかに頑張っていますが…笑)

そんな中で自分に何ができるだろうかと考えた結果、答えは一つでした。自分も生徒さんと一緒になって汗を流すこと。そうやって示していく以外にないだろうと。

生徒さんからしたら先生が2人もいて暑苦しいかもしれませんが(笑)、先にも書いた通りあくまでT先生がメインです。でも、それくらい手厚くやります、というのは伝えておきたかったのでここに書きました。必ず力になってみせます!よろしくお願いします。

* T先生は事情により実名をWEB上に公表していませんが、体験・ご依頼の際には詳しいプロフィール含めきちんとご紹介します。ご安心ください。

 

 |生徒さんに自信を持ってもらうために

IMG_5452

・南山小5年 Aさん 英検3級合格
・南山小6年 Bさん 英検準2級合格(筆記9割以上
・愛知中2年 Cくん 英検準2級合格(筆記8割以上)、定期テスト85点以上
・愛知中2年 Dくん 英検3級合格、定期テスト90点以上
・愛教附(名古屋)中2年 Eくん 英検3級合格、定期テスト85点以上、模試25点以上アップ
・千種台中2年 Fくん 英検3級合格(筆記満点)、定期テスト90点以上5科総合学年1位
・東海中2年 Gくん 定期テスト10点アップ、学年上位3割以内
・滝高校3年 Hくん 偏差値10アップ志望校合格
・高卒生 Iさん 偏差値10アップ志望校合格
・中学生 英語通知表平均 4.8(5段階中)

など

*1 実績として書かせていただきましたが、本人の努力とご家庭のサポートがあっての結果です。
*2 その他にも、Cくんのホームステイ体験やMくんのオーストラリア1か月体験(今年は自分でバイトしてお金を貯め、現地の英会話学校へ行ってきたとのこと)を英会話レッスンを提供しながらサポートさせてもらっています。

今担当している生徒さんたちがものすごく頑張って結果を出しているので、これだけ見ると「元々できる子たちなのでは?」と思われるかもしれませんが、過去には平均点を切るレベルから40点アップした生徒さんもいます。

「できるんだ」という自信を持ってもらいたいからこそ、結果が出るまで根気強く寄り添います。生徒さんそれぞれが目標に向けて真剣に努力しており、そのサポートをさせてもらっています。

 


T先生の紹介や家庭教師指導について詳しくはこちら

* 指導日について、平日の夜や土曜など比較的融通は効きます。残席は2名で、ご連絡を頂いた順に対応させていただきます。名古屋市内に加え、一宮方面の方も指導可能です。詳しくはお問い合わせください。

ここ最近のこと

nanohana

菜の花畑とヤシの木と外国の方々。何だか絵面が摩訶不思議すぎてどこやねん、と。

ここは名古屋から3時間。愛知県田原市の伊良湖岬です。岬の先端目指してドライブしていたら、突如視界がイエローに包まれ、つい吸い寄せられてしまいました。

桜もいいけど、アブラナも負けてないですね。

 

新年度でちょっと忙しくしていたら、またブログがご無沙汰になってしまいました。というわけで、ここ1か月くらいであったことをざっくりとご報告。

(1)受験部のレッスンのコマはおかげさまで満席になりました。メール相談等で門戸は開いています。

(2)ネイティブ講師のTakaが再び日本に来ています。今回は長期滞在の予定。したがって対面レッスン可!です。

(3)「留学・ワーホリに関する無料カウンセリング」も随時やっています。

 

先週の土曜は数ヶ月後に渡豪する方2名と話した後、昨年オーストラリアに滞在した高校生と近況報告の会。

僭越ながら自分の経験をお話しつつ、各人から海外に向けての展望なんかを聞くわけですが、おかげさまで毎回気持ちがフレッシュになります。

聞いていると最初は不安の方が大きかったりするのですが、出国1、2か月前になると期待で気持ちが盛り上がってくるのでしょう。「ウズウズして早く行きたい!」って感じですね。

高校生のMくんに関しては、「18歳からできるワーホリが待ち遠しいけど、自分の場合は誕生日が12月だから損です」と。それまでは頑張って英語を鍛え抜くつもりだそう。どうりで数ヶ月ぶりに見たらメキメキ上達してました。

 

かくいう僕自身もいろいろ企んでますが、当面は今の感じで倦まず弛まずやっていけたら、と。拠点になるテナント・空き家をマイペースに探しつつ。

今日からまた少しずつ日々の発見なんかも書いていこうと思います。

IMG_2785やっぱり桜も。Taka&卒業生@平和公園

仕事関係のお知らせ 2016 / 2月【&番外編】

tp4牧ノ池@名東区

 

今回は仕事関係のお知らせです。

(1)2016新年度(3月〜)スタート | 生徒さん募集中

無料体験(家庭教師)やってます。
*と、別ページで告知したらすぐにお問い合わせをいただいたので、あと1名で一旦締め切りです。マンツーマンですのでどうしても満席になってしまいますが、何か上手いやり方がないか考え中です。

(2)2/27(土) | 語学留学・ワーホリに関する無料カウンセリング

今回は名古屋駅から徒歩5分のキャッスルプラザ内の喫茶ラウンジにて、カジュアルにお話できたらと思ってます。その他の日程・場所でも喜んでご相談に乗ります。

(3)Taka’s英会話 | 講師紹介ビデオアップ

PR動画を撮影・アップしました!英語/日本語字幕あり。

 

|番外編 〜牧野池の東屋への道〜

ちょっとした時間を見つけては近隣の穴場的散歩スポットを訪れています。今回は家から10分ほど車を走らせて到着。牧野ヶ池緑地。 

 

tp1東口から入り、池付近の駐車場に停車。林道へ

tp25分くらい歩くと池が見えてくる

tp5思ったより広い(小並感)

カミング・ホーム

IMG_2066 水田@平和公園くらしの森

いやー、間が空いてしまうとダメですね。

今日はとりあえずリハビリのひと書きを。週1ペースで更新しようとは言いつつ、固定の曜日に公開!ってやる勇気がありません。笑 少しだけ自分に猶予というか、遊びを持たせておきたいという怠惰な理由でしかないのですが。

谷川俊太郎さんがanonymという詩で「書けないのなら書けないと書かねばならない」と言っていました。そういったわけで、誰がこのブログを読んでいるのか分かりませんが、まずは思いのままに書いてみます。

先日、塾講師時代の恩師(元は上司ですが)から、電話でお叱りを受けたんですよ。そんな大袈裟なものでなくかるーくですけど、そういうこと自体が久しぶりで、ありがたかったです。よし、今日はこれについて書きましょう。

ポケモン的「はじめての文法書」オススメ3匹(冊)

IMG_1829

文法書は英語学習者のバイブル。それも自分だけの。

英語の授業をしているようで、たまにモノゴトの方法論のようなものを伝えている気がします。そういう時、英語とか勉強はそれを伝える良きツールになってくれます受験で人間が成長するとはよく言ったもの。

僕はそんな偉かないですけど、中高生の頃を振り返りつつ「こんなんもあるよ」って語ることに、そんな罪はないと思うのです。

とりあえず本日は「英文法って大事なの?」ってところから。

付記:
思わせぶりに書き出しておいて、書いた後に読み返すと結局英文法に終始してしまいました。。まあ、悪いようにはしませんから。タイトルのポケモン云々は一番最後に書きます。しばらくウンチク垂れるので、お急ぎの方はスクロールして一気にどうぞ。

インドの夜空と天体写真

IMG_1540 Planetarium@名古屋市科学館

夏もピークを過ぎまして。

ネタ探しにBBCのサイトを眺めていたら、思わず手が止まってしまうような写真記事を見つけました。タイトルは「India’s incredible night skies(インドのありえない夜空)」。incredibleは「驚くべき、信じられない」というような意味。良いモノを見て感動したときなどに用いる言葉ですね。今週は該当記事よりスクショと英文の紹介をしようと思います。

ブログ論 —日記かPRか落書きか

11880984_524434784371553_1290757169_n帰省中@地元の森の展望台

 

つまるところ、このブログは何なのか。

個人の日記か、 ビジネスのPRか、そこらへんの落書きか。

ある友人と話して「宣伝臭がする」と言われれば、「ほう、そうか」と思う。別の日、家族に何気なくその話をすると「宣伝も何も、自営なんだからそうなるのは当たり前」と言われ、「まあ、確かに」と思う。

風見鶏のごとく右へ左へ心を揺らしつつも(だってしょうがない、親しい人の意見はいつだってナルホドと思ってしまうし)、結局は好きに書きます。あんまりこういうことばかり書くのも、自意識過剰を宣言しているようなもんだし、こういう場で自分の内面を必要以上にさらけ出すのは悪手な気がしないでもないです。が、筆が乗ってきてしまったので今回はこのまま「このブログは何なのか」について書きます。

夏休みの自由研究とオトナの影

S__8085509日暮れ前のメタセコイア広場@平和公園

子どもたちは夏休みです。

海、山、川、テーマパーク。楽しみは色々あるけれど、忘れてはならないのが宿題。ホームワークです。特に小中学生はほとんどの場合「夏休みの自由研究」があるわけで、これに頭を悩ます、もしくは悩ました経験のある人も多いと思います。

クラスに何人かは力作仕上げてくる子がいましたよね。当時、加藤くんっていう小学生からずっと同じバスケ部だった子がいまして。ダムの仕組み調べて模型作ってきたり、10冊以上の本を参照して天体についてまとめてきたり、ぶっちゃけ大人の影が見えるようなプロジェクトを毎年発表しては、賞をかっさらっていました。

昨今話題の業者による宿題代行みたいな話は論外として、大人(家族や周りの人)はどこまで子どもの宿題に関わっていいものなのか。

三重トリップと旅の始まり

IMG_15117匹の猫たち(の内4匹)

先週末、隣県三重にて一泊してきました。

先日の記事に書いた海外部の流れの一環なのですが、「宿泊合宿」みたいなノリで、尾崎塾の尾崎さん、そしてこの夏シドニーに滞在予定のAくんと。尾崎さんのご家族(奥さん、子供たち、猫たち、そして犬も)に温かいもてなしを頂き、少し早い夏の旅行気分を満喫させてもらいました。

今回の旅は、元は僕がAくんとやり取りしていた時に「久居(Aくんの地元)って何か面白いところある?」と聞いて、「うーん、あえて言うなら家の近くに神社があって、こじんまりしてるけど大木とかあって僕は好きです。」「いいじゃん!よし、行くわ。」ってところから始まりました。

グローバル人材になるのに、必ずしもお金が必要とは限らない

small__2945868437以下の記事を読みました。

どうせ日本はこれからどんどん悪くなる

日本の未来は暗い。

 

それはもうわかりきっている。
ではそんな暗い未来を前にして、僕らはこれからどうするのかというのが次の話だ。

 

いま流行りのソリューションは「グローバル人材になって外国に新天地を求める」というものだが、あんな選択肢は上位1%の大金持ちにしか選択できないものだということは知っておいた方がいい。外国に逃げるための資金も学習機会もコネも、僕ら貧乏人には一切回ってこないんだから仕様がない。

 

僕ら99%の日本人は、このお先真っ暗のクソみたいな国で死ぬまで生きていかなければならないわけだ。

この記事における筆者の小山さんの主張は、この部分がメインではないのでは承知の上で、ちょっと思ったことを書きます。

結論から言うと、グローバル人材になるのに必ずしもお金が必要とは限りません。日本の未来が危ういというのは同意ですが、海外という選択肢は今や誰にでも開かれていると僕は思います。