surprise

タイトルですが、僕はそう信じています。
というわけで、英語ができると今よりも100倍楽しいことが待っている、という話をします

覚えたばかりの単語やフレーズが映画のワンシーンや会話の中にふいに出てくると、なんとも言えず快感ですよね!

偶然とはいえ、まさに自分と英語がリンクした瞬間で、大概はちょっとしたらまた知らないフレーズが出てきてスパンと向こうから切り離されるわけですが、この英語がグイッと寄ってくる感覚と、逆にそっぽ向いて遠ざかっていく感覚は、きっと英語を勉強したことがある方なら、誰でも経験があると思います。

僕の知り合いの台湾人の女性で、英語の勉強は恋愛と同じだと言った人がいます。その時は詩人だなー、なんて思って深く受け止めませんでしたが、つまりは自分が情熱を注げば向こうも寄ってきてくれるし、逆もまたしかりということですね。全く言い得て妙だと思います。

最初はそっぽ向かれっ放しですが、一旦つかんでしまえば、何があっても一生自分の元を離れません。一生です。これほど心強いことはないし、味方にすると色んな場面で自分を助けてくれます。

laughing

たとえば日常の一コマで

英語を使って別の国の人と話をする。不思議ですが、ただそれだけのことが嬉しかったりします。

受験や就職などの実益的なところももちろんですが、僕は通りすがりの外国人と何気ない話で会話したときに、英語話せてよかったな、といちばん実感します。その会話が盛り上がったりしたものなら、もう幸せ以外の何物でもありません。

先日、英語が大嫌いで全く話せなかった自衛隊出身の方が、二年の海外生活を経て英語を使いこなせるようになり、「英語ってマジ楽しいよな!」と目を輝かせて言っていて、ウンウン頷いて共感してしまいました。大嫌いでも変われます。時間はかかっても必ず変われます。その先の世界は本当に100倍楽しいものです。

めちゃくちゃ綺麗な風景を見たときに、「家族や親しい友達に見せてあげたい!」と思ったことがありませんか。「綺麗だから見せて喜ばせてあげたい」というよりも、もっと本能的・反射的に、「自分一人ではもったいない」というような。英語について僕はそんな感覚です。大切な人にシェアしたい感覚。だから、自分と関わる人に共有できるよう、精一杯舵をとって行きます。

 

◆家庭教師指導について(9/23)

早速体験授業のご依頼をいただいています。受験や英語に関するお悩み等もお気軽にご相談ください。受験部のページはこちら

コメントを残す