medium_4334357860

日本人はスピーキングが苦手とよく言われます。

「言葉が出てこない」、「間違えないか不安」、「会話中に不自然な間ができてしまう」色々な悩みがあると思いますが、その多くは「filler(つなぎ言葉)」を会話の中に取り入れることで軽減することができます。

 
 

|その1「you know」=「ええっと」

実際の会話の中で、とてもよく耳にします。「あなた知ってるよね?」という意味ではなく、日本語の「ええっと」に当たるつなぎ言葉の役目を果たします。
 
Why didn't you come yesterday?
(なんで昨日来なかったの?)

Oh…you know,it's complicated.
(あー、えっと、ちょっと複雑なんだよね。)
 
※you knowは文の途中や最後に置くことも多いです。
 
 
 

|その2「I mean」=「つまり」

日本語の「というか」や「つまり」に当たり、言い回しを変えたいときや、前の自分の発言に対し、一言加えたいときに用います。
 
I don't agree with him,I mean,he is wrong.
(彼には賛同できない、というか、彼は間違ってるよ。) 
 
 
 

|その3「well」=「あのう」

言葉につまるとついつい「えー」とか「あー」とか言ってしまいがちですが、その代わりに使えるのが「well」です。you knowとほぼ同じですね。
 
Well…can I please have a bag?
あのう…袋もらえますか?)
 
 
 

|「使いすぎ注意!」は気にしない

英語に慣れた人が「使いすぎに注意!」とアドバイスすることが多いようですが、私は気にせず使ってみることをおすすめします。
 
理由は、一度使ってみると分かるんですが、つなぎ言葉を言っている間に「あ、次はこれ言おう!」と思いつくことがとても多いからです。単に押し黙っていると焦りから思考停止してしまいますが、つなぎ言葉は焦りを和らげ、会話のリズムを整えてくれます。

small__5928253523
英語のできる人が「you knowは聞き苦しいからあまり使わないように!」と言うのは簡単ですが、私からすると(全体へのアドバイスとしては)ちょっと意地悪にも聞こえます。
 

英会話で恥をかいて、みじめな思いをした経験は誰しもあるはずたとえ不格好でも不自然でも「会話が続く」、ただそれだけで気持ちは救われます。

今回紹介した「filler(つなぎ言葉)」は会話の大きな助けになってくれます。慣れてきたら自然と減らしていけるのだから、「まずはどんどん使って会話に慣れましょう!」がベストなアドバイスではないでしょうか。 



コメントを残す