IMG_1829

文法書は英語学習者のバイブル。それも自分だけの。

英語の授業をしているようで、たまにモノゴトの方法論のようなものを伝えている気がします。そういう時、英語とか勉強はそれを伝える良きツールになってくれます受験で人間が成長するとはよく言ったもの。

僕はそんな偉かないですけど、中高生の頃を振り返りつつ「こんなんもあるよ」って語ることに、そんな罪はないと思うのです。

とりあえず本日は「英文法って大事なの?」ってところから。

付記:
思わせぶりに書き出しておいて、書いた後に読み返すと結局英文法に終始してしまいました。。まあ、悪いようにはしませんから。タイトルのポケモン云々は一番最後に書きます。しばらくウンチク垂れるので、お急ぎの方はスクロールして一気にどうぞ。

 

|文法的に理解しなくてもそこそこ英語はできるという話

さて英文法。ぶっちゃけて言うと、高校入試くらいまでは文法スルーの丸暗記でもいけます。極端な話、模試の偏差値が70あっても「形容詞ってナニ?分詞って何?」ってレベルの人はいるわけで。問題にするとスルスル解けるんだけど、文法的に理解しているわけではないという。

コトバって元々そんなもんですしね。だって、僕らも日本語を話すけど、外国人に「日本語の『は』と『が』の違いってなんですか?」って聞かれたらちょっと困りません?ちなみに僕は昔困りました。

色々あるんだけど、代表的なのは『は』=新情報、『が』=旧情報、というものですね。「私が太宰治です!」だったら、太宰治のことは聞き手にとって既知ということ。ただ他にもあって、これだけでも原稿用紙10枚くらいになると思うので、参考リンク張っておきます。→東京大学日本語教育センター

話は戻りまして、高校入試レベルだったら内容もそう難しくないので、文法無視でもなんとかなります。僕も中学の時から英語だけは得意だったので、ターゲットセンテンスを丸暗記してこなしてました。

「じゃあ何で英文法なんて必要なの?」そりゃ第二言語を学ぶという時点で必要ですよ。僕らはネイティブじゃないんだから。要は「取扱説明書」みたいなものなので、操作法が分かってくるとそれなりに(個人的にはめっちゃ)面白いし、自分がそれを誰かに説明することで理解も深まります。以下、TIPSを2つほど。

 

(1)実用的な局面(≒大学入試レベル)でやはり差がつく

大学入試はレベルの高いところだと『The Japan Times』や『The New York Times』などの英字新聞から出題されます。語彙力もさることながら、複雑な文構造が見抜けなければアウトです。ゴリ押しでは突破しにくい。

“Mottainai” was famously uttered by Nobel Peace Prize laureate Wangari Maathai when she came to Japan last year to promote environmental causes. The three “R”s that Ms. Maathai referred to when speaking to her Japanese audience (reduce, recycle and reuse) eventually became the government’s rallying cry.

※本文のみ抜粋

よく言われる話ですけど、いわゆる日常英会話であれば中学レベルでも十分なんですよね。ただ、政治や経済に関する話題はそれだけだとちょっと厳しい。

実際の会話では政治経済のトピックへの自分の意見を述べる局面が多いのも事実で、それを真の実用レベルとするならば、やはり文法は習得しておきたい。その有力な情報源となるのが現地のニュースや英字新聞だったりします。

単語も文法もイディオムも全てやるんです。結局それが一番効率がいい。苦手だからとにかく単語だけ一点集中!みたいな人は必ず玉砕してます。そんな甘くない。マニュアルなしで組み立てて、結局壊れちゃいました、うまく動きませんってことにならないように。

 

(2)苦手な人ほどやっとくといいIMG_1647

実は先述の大学入試ですらセンスと絶対的な量でなんとかしてしまう人もいます。ここ数年流行っている「多読」ってヤツですが、これはやっぱり効果あるんですよ。音読、多読。「英語はこれに尽きる!」って断言する人も多いですが、あながち間違ってはいないと思います。

ただ、これは前提条件として「ある程度英語が得意な人」に限ると思います。経験上。で、そういう人ってのは大体英語が好きなので、多読しても苦じゃないんですよね。往々にして「ただ単に英語の音やリズムが好き」とかいう奇特な人たちなので、放っといても英語に触れるし、英文も楽しんで読みまくる。

苦手な人はそうはいかないですよね。「英単語を見るだけで頭が痛くなる。」、「日本人なんだから英語なんていらないじゃん。」、「とにかく英語嫌い!」そういう人たちにとって、英文の多読なんて「苦行」以外の何者でもありません。

そこでマニュアル=英文法の出番というわけです。騙されたと思ってやってみるといいですよ。オススメは「自発的にやること」と、「この人の説明分かりやすい」って先生を見つけること。

前者についてだけ、もう少し。自発的にやるってことですが、もっと言えば「自分が好きでやってる」って感覚を取り戻すことです。あえて「取り戻す」って書きましたが、英語だって作文だってリコーダーだって、好奇心100%の子どもからしたら絶対最初は楽しいものだからです。

それがいつしか「課題」とか「宿題」とか「やらなければいけないもの」ってラベルを貼られてつまらなくなる。

そこから脱する一番簡単な方法は、自分で参考書を選ぶことです。「コレだ!」って思う分厚めの文法書を一冊買って、それを自分のバイブルにすること。1ページ目から順に読んでいくのもよし。もしくは問題を解いて分からなかったらバイブルを開いて、マーカーを引いて付箋を貼って、ボロボロになるまで使い込む。文法をマスターしているかは、「人に説明できるかどうか」。コレでしょう。分詞って何か説明できますか?

 

※文法に過度に取り付かれるのもデメリット多し
最初に書いたように、英語はコトバです。ネイティブは文法なんぞ毛ほども意識してません。(ちょっと言い過ぎですが)。いないとは思いますが、この記事を読んで「そうか!自分には文法が足りなかったんだ!」って御神体のようにそれだけに縋るとこれまた崩れます。たまには何も考えず音読するのもやっぱいいモノですよ。写真撮るみたくビジュアルで覚えるとかね。丸暗記万歳。大事なのはバランスですね。

 

|バイブル(文法書)=ポケモン選び

poke

自発的にということで、バイブルを自分で決めるってのがミソです。ポケモンの最初の3匹から1匹決めるみたく「君に決めた!」ってやると結構テンション上がりますよ。

あまり選択肢が多くても大変でしょうし、僕のオススメの最初の3匹をここに置いておきますね。amazonリンクも一応貼っておきます。細かいレビューも書きたいけど、表紙の直感でいくのもいいかも。ただ、何も材料がないってのもどうかと思うので、2つ名だけ付記します。

受験生に定評のある「Forest」

英語もあるの?伝統の「チャート式」

カラフル新時代の「アトラス」

さあ、どれにしますか。



【お知らせ】家庭教師の生徒募集、残席1名となりました。詳しくはこちら


Posted in: 未分類.
Last Modified: 9月 1, 2015

コメントを残す