small__2575006786巷には英語本や英語勉強法、英語教材が溢れかえっていますね。今やネットを通じて様々な情報を得られるようになり、日本にいながらにして現地の人と気軽に英会話をすることだってできます。まさに英語の学習をする上では絶好の環境といえるでしょう。

英語を習得するにはやはり現地に留学するのが一番手っ取り早いのですが、そうもいかない人がほとんどでしょう。かといって忙しく働きながら、短期集中で英語をマスターするのは困難です。よって長期の継続学習が必要となってくるのですが、そうなってくると今度は「飽き」が大敵です。

三日坊主にならないように、きちんと習慣化しよう!という話に持っていきたいところですが、あえて今回は三日坊主でも英語の勉強を続けるコツをお伝えしたいと思います。

 
 
 

|色々なものをまずは試してみる

一つの教材を通してやった方が効果的ではありますが、同じ教材をずっとやっていると学習に飽きが出てきますので、明確な目標と強い意志がない限り、挫折してしまう恐れもあります。

「飽きてきたな」と感じたら、思い切って別の教材に切り替えるのも一つの手だと思います。真面目な人に限って、「この教材を絶対に終わらせないと」という思いから抜け出せなくなりがちですが、作業のように英語を学習していても楽しくないですよね。

一つのオススメはスマホの無料アプリです。驚くほどたくさんの無料アプリがあり、毎週のように新しいアプリもリリースされているので、気が向いたときにダウンロードしてちょっとやってみるだけでも、立派な英語の勉強になります。色々試す中で自分にピッタリのアプリが見つかる可能性もあります。

 
 
 

|英語のアンテナを張り巡らす

ここで、僕が今までに試した英語教材・学習法・アプリなどを列挙してみます。

キクタン、新TOEICマスタリー2000、えいぽんたん、Real英会話、聞き取り王国、TOEIC公式アプリ、英語耳ゲー、Listen-IT、TEDトーク、海外ドラマ・映画、スカイプ英会話、洋楽、など

これでもほんの一部です。中には1回やってみてすぐに止めたものもありますが、上記に挙げたものは比較的愛用していたものたちです。今後個別に紹介することもあるかもしれませんが、名前だけでも気になるものがあれば、ぜひ検索してみてください。

参考書を買っただけで勉強した気分になるように、色々試してやった気になっているだけではないか、という反論があるかもしれませんが、1時間でも1分でも、たった1秒であっても「英語に触れている」という事実に変わりはありません。

small__1431215221身の回りの「英語」にアンテナを立てて、ガンガン飛びついて行くぐらいの気概を持っていれば、たとえ一つ一つが三日坊主で終わったとしても、「英語の学習」として見ると三日坊主にはなりません。むしろ、蜜を求めて花から花へ飛び移って行く蝶のように、楽しみながら学習を続けていけるのではないでしょうか。

 

◆家庭教師指導について(9/23)

早速体験授業のご依頼をいただいています。受験や英語に関するお悩み等もお気軽にご相談ください。受験部のページはこちら

コメントを残す