428eb1cded16d7207873916f7b23670b_m

こんにちは、古橋です。今日は雑記です。ただ、それだけでは何なので最後に少しだけ英語表現も。

 

|夕立の若松くん

夕立とか台風とか、緊張感と非日常感が相まって、教室に妙な一体感が生まれる瞬間ってありますよね。

この時期になると思い出すのが、夕立の若松くん(仮名)です。

「夕立の若松くん」って書くとカッコイイ通り名っぽいですが、「夕立が来そうで急いで塾から帰ったけど、ちょうど塾と自宅の中間地点で豪雨に見舞われ、迷った挙句塾まで戻ってきた」のが由来です。

同じ塾とはいえ学校も学年もバラバラ。そんな中、その場にいた全員をして「(半分まで行ったなら)何で戻ってきたんだよ!」とツッコませた若松くんは、今でも先生たちの間で語り草になっています。

本人も「あ、そうかぁ」って笑っていたけれども、ずぶ濡れだし、気づくの遅いし、本人が元々持ってる憎めないオーラがこれでもかと発揮されていて、その場の全員の笑いをさらっていきました。

 

|「夕立」を英語で

さて、学校で習った知識をうまく使って「夕立」を相手に伝えるにはどうしたらいいのか。また、これは調べるとすぐに出てきますが、辞書的な使える表現も併記しました。

◆習った表現でニュアンスを伝える:

It was raining really hard in the evening. (We call it “Yudachi” in Japan. )  

夕方にとても激しく雨が降った。(日本ではそれを夕立と呼ぶんだよ。)

◆使える表現

(1)I was caught in a shower.

(にわか雨にあった。)

(2)It’s pouring outside.

(外はドシャ降りだ。)

ネイティブが実際に使っている語彙や言い回しを増やしていくことも大切ですが、既に習得した表現をうまく使って相手にニュアンスを伝えられることも多いです。

そうすることで「ああ、それはpouringだよね」と会話が広がり、結果的に表現の幅も増えていくと思います。

 

急に降られると困る夕立ですが、過ぎ去った後は涼しくなっていいですよね。ぜひ色々な表現を試してみてください。今回はこんなところで!



コメントを残す