ホームページ移転のお知らせ

こんにちは。古橋です。

先日も書いた通り、ホームページの仕様が変わって更新が難しくなってきてしまいました。時期によってはお問い合わせしかチェックできておらず自業自得なんですが…。

結論、移転します。

⬇︎

英語塾ワイズ

新サイトの通り、今後は「ワイズ」という屋号を看板にします。
以前から事業名はこちらで登録していてたまに使っていました。この機会に分かりやすく切り替えます。

あと、最近お会いする人に聞かれがちな質問なのですが、

Q 家庭教師はやめてしまったんですか?
A やめていません^_^
以前から担当している生徒さんのところで今も指導させていただいていて、今後も責任を持って務めるつもりです。
ただ、しばらくの間新規募集は休止させていただきます。申し訳ありません。

新サイトへはこれから順次移行していきます。お問い合わせはどちらからでも大丈夫です。メールはinfo@wise.nagoyaまでお願いします。(今までのinfo@yuyafuruhashi.net宛でも変わらず届きますのでご安心を!)

しばらくご不便をおかけしますが、ご理解いただけたら幸いです。
いつもありがとうございます。また今後ともよろしくお願いいたします!

嬉しい報告【2020年】

今年も嬉しい報告が届きました!

Tくん 鳥取大学医学部医学科 合格
Tくんは先日旭丘高校を卒業、現役での国立医学部合格を果たしました。夢に向けての大きな一歩。おめでとう!

Tくん 南山大学理工学部 合格
Yくん 正則高校 合格
二人は推薦入試で見事合格。定期試験などの学校の取り組みと、英語力を着実に積み上げて目標を達成しました。おめでとう!

2年生も頑張っていて、
旭丘高校2年 Mくん 共通テスト本番レベル模試(2月) 英語偏差値69.4
愛知高校2年 Kくん ベネッセ総合学力テスト(12月) 英語偏差値69.4

愛知高校2年 Mさん 2学期期末テスト 自己ベスト更新 クラス1位獲得
名古屋高校2年 Tくん ベネッセ総合学力テスト(12月) 英語偏差値76.1
いよいよ受験学年。じっくりと英語に取り組み弾みをつけながら、いかに課題となる分野や教科に対応していくかが鍵になります。

昭和高校1年 Kくん 英検準2級合格
名古屋中学2年 Kくん 2学期期末テスト 8割獲得

指導開始から10ヶ月程度の二人。それぞれ着実に力をつけていますが、ブレイクスルーまであと一歩。土台ができてきたこともあり、難しい課題に取り組む時間を増やしています。

小学生4年のYくんは英検4級合格。おめでとう!これからは中学受験に挑むとのこと、応援しています。アメリカの大学進学を目指しているNさん、日々の積み重ねが結果に出てきています。TOEFL71点目指してもう一押し。

その他、授業内での生徒のひらめきの瞬間やコツコツ努力する姿など、全員分書きたいところですが一旦ここまでにしておきます。

*新年度生の授業も始まっており、本山教室3・4月スタートとしてあと数名募集させていただく予定です。授業曜日の都合等でご不便をおかけしていますが、今週末の間には調整してお知らせします。(→3/8追記:募集状況を更新しました。)キーワードとして「トップレベルの英語力をつける」、「目標とする大学・高校がある(受験指導)」、「英語でのコミュニケーション力を高めたい」、「海外校留学(TOEFLやIELTS、英会話指導)」、「数学などの理系科目はできるが、英語が苦手でなんとかしたい」など。もちろんこの限りではないのですが、これまでの指導経験が積み上がってきていますので、特に上記のケースは自信を持って「力になります」とお伝えしておきます。よろしくお願いします。

(*サイトの仕様が変わり、改行が一時的にうまくいっていません、、。見づらくてすみません。)

一部Skype授業に切り替えます【公共交通機関を利用して通塾している生徒対象】

新型コロナウィルスの感染防止のため、以下のように対応いたします。

【本山教室】公共交通機関を利用して通塾している生徒は、3月2日以降(2週間程度を予定 → 3月末日まで延長)原則Skype授業に切り替えます。
*該当する生徒・ご家庭には個別にご連絡いたします。
【家庭教師】変更なし

風邪や発熱などの症状が見られる際は欠席のご連絡をお願いいたします。後日振替授業をさせていただきます。

2020年度生徒募集について【本山教室3・4月スタート】(3/23更新)

こんにちは、古橋です。
タイトルの通り、2020年度3・4月スタートの生徒募集をさせていただきます。


(1)授業曜日・時間帯(3/8更新)
現在以下の曜日・時間帯で生徒募集をしております。残席3名です。

火・金 17:30 〜 19:00 / 19:15 〜 20:45
(昼の時間となりますが、火・木・金の15:30 〜 17:00でも対応可能です)

【平日】①  17:30 – 19:00 ②  19:15 – 20:45 (昼枠 15:30 – 17:00)
【土曜】①  10:00 – 11:30 ②  13:30 – 15:00
日曜はお休みです

お問い合わせ

・ご希望の曜日・時間帯に空席がない場合
LINE@にご登録ください。空席が出た際にお知らせいたします。
*ワイズという屋号でアカウントを作っています。
*空席情報はブログでも同時にお知らせします。

友だち追加


(2)授業について
担当講師によるマンツーマン指導
*原則/一時的に最大1対2となる可能性があります
指導に関しては古橋が責任を持ちます。


(3)指導方針・授業料について
受験部のページをご覧ください。

*以下は先日ブログに掲載した文章の抜粋です。
指導に関するキーワードとして「トップレベルの英語力をつける」、「目標とする大学・高校がある(受験指導)」、「英語でのコミュニケーション力を高めたい」、「海外校留学(TOEFLやIELTS、英会話指導)」、「数学などの理系科目はできるが、英語が苦手でなんとかしたい」など。もちろんこの限りではないのですが、これまでの指導経験が積み上がってきていますので、特に上記のケースは自信を持って「力になります」とお伝えしておきます。よろしくお願いします。


◆無料体験会・面談実施のお知らせ(3/23更新)
3/28,4/4(土)15:30〜17:30の間
上記以外でも月曜日にご対応可能、その他の曜日は応相談です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

*家庭教師については募集を休止しております。

センター試験2020:一語の重み

こんにちは、古橋です。センター試験が終わりましたね。

 

本番前に過去問を解くときから、一喜一憂しないこと、そして決して油断せず詰めの努力を怠らないようにと伝えてきました。

 

一喜一憂しない、というのは答え合わせの結果を確認するときもそうですが、特に気をつけたいのは問題を解いている最中です。例えば、「この問題は自信がある」、「あれ、こっちは難しい。まずいかもしれない」など。「難しい」まではいいとして「まずい」とまで考え出すと、問題を解くことの妨げになります。そして大抵その後の問題まで尾を引きます。

 

本人の性格的にそれほど気にしない生徒もいれば、解きづらい問題があったときにそこに執着し過ぎたり、頭がいっぱいになってしまう生徒もいます。考えてしまうことは仕方がないので、対処法としては切り替えるトレーニングをすること。考え方のクセみたいなものなので、例えば練習時から時間を測って、1分以上固まってしまったときには切り替えて次の問題にいくようにする、など。それで、試す前と後の結果を自分で見比べてみれば、どちらのやり方がより良い結果を得られるか分かると思います。

 

センター国語の問題で「レジリエンス(回復力=ストレスなどの刺激に対する柔軟性、という意味で使われている)」についての出題がありましたが、それと同じことだと思います。状況や環境に極度に左右されないよう、工夫して対処法を身につけていくこと。

 

二つ目に書いた油断せず詰めの努力を怠らない、というのは、言葉で書くとそれまでなのですが、わずかな差で勝敗がつくことが多くありますよね。受験はそういう世界ですので、自身肝に命じながら伝えています。

 

それで、ここでようやくタイトルの「一語の重み」についてなのですが、たった一語でその文の伝えんとする内容がガラッと変わることってあるよね、という話です。例えば、

 

Are you hardly working?

 

「hardly」は準否定語で「ほとんど〜ない」という意味。つまりこの文は「ほとんど仕事してないですか?(サボっていますか)」と聞いていることになります。hardlyを見落としたり、hard(一生懸命)と勘違いすると逆の意味に捉えてしまいます。

 

一語の重みというのはそういうことで、(大切なことなので二回書きますが)たった一語に話し手の伝えんとする内容の核が込められていたりします。上記はまだよく聞くフレーズではありますが、聞きなれない表現には注意が必要です。知らないフレーズであっても会話では強弱をつけるので重要な部分は伝わりやすいです。しかし、リーディングには当然強弱はないので、見過ごしてしまったらそのままです。

 

例えば今回のセンターでは大問6の本文にpublic safety(治安)、選択肢にひっかけのsafe product(安全な製品)がありました。他の問いも含めて、精読ができていないと失点しますのでやはり基礎力ですよね。単語・文法・読解。あと来年からリスニングです。(→これは2年生、1年生の生徒たちに向けて書いてますよ。)

 

今年でセンター試験は最後、来年からは「大学入学共通テスト」に切り替わります。現在判明している変更点として、
・リスニングの配点が2倍(リーディング・リスニングともに100点ずつ)
・筆記(リーディング)はその名の通り読解重視。語句整序などを単独で扱う問題はなくなる
があります。

 

現役生は私立や二次試験に向けてラストスパートを!それ以外の生徒もぜひセンターを解いてみて「正確に読むこと」について考えてみてください。すでに手をつけている生徒もいると思いますが、学年や現在の英語力に合わせて部分的にでもやってみるととてもいいです。僕の授業では抜粋して配りますので安心してください。笑

自身現役のときに取り組んだセンターが終わるとなると少し感慨深いですが、今後も試験への挑戦を通じて力をつけていきましょう。

努力の成果/その先の目標

temp乗鞍岳

こんにちは、古橋です!久々のブログ更新になります。

夏休みの授業を終えてしばらく経ちましたが、まだまだ暑いですね。夏期講習はグループ授業の英文解釈講座含め無事終了しました。遅ればせながら、参加してくれた生徒たちや保護者の皆様・ご協力いただいた方々へ心から感謝します。 

ここからまたそれぞれの目標に向けて気を引き締めてやっていきます。受験・英検・海外留学・定期テスト・英会話。どれも目標であると同時に自分のやりたいことを叶えるための手段です。その機会を存分に活かせるよう取り組んで行きましょう。

 

夏までの生徒たちの努力の成果を以下にまとめました。

愛知高2年 Mさん 英検準2級獲得
愛知高2年 Kくん 定期テスト(英表)平均+35点獲得
旭丘高3年 Tくん 全統マーク9割突破
旭丘高2年 Mくん センター模試9割、定期テスト(英C)9割突破
城山中2年 Kくん 英検4級、定期テスト平均+20点獲得
城山中3年 Yくん 通知表評定+2
椙山女学園高3年 Nさん 英検2級獲得

東海高2年 Kくん 定期テスト8割突破
名古屋中2年 Kくん 定期テスト89点獲得
など

「英語の力をつけたい」、「苦手をどうにかしたい」と指導をスタートして、数ヶ月努力して良い成果を出し、その後も多少の波はあれど安定、ということがあります。

その先どういう方向を目指していくかは本人次第ですが、個人的にはそこからが工夫のしどころだと思っているので、よく見守りながらもアクションを仕掛けています。

例えば名古屋高2年のTくんはスピーキングの強化。LINEのボイスメモを利用し毎週送ってもらっていますが、よく内容を練って話しているのが伝わってきて、こちらも楽しみに聞きつつフィードバックを返しています。

南山女子中3年のKさんはこの夏にケンブリッジPETに挑戦、また高校生に混じって英文解釈講座に臨みました。正確な解釈に基づいて和訳を進める大切さをよく理解し、自身の能力を発揮してくれました。6回の授業でさらに力をつけたと思います。

 

学年や学校が入り混じっているのでどうしても話が多岐に渡ってしまいますが、今後もそれぞれの指導に集中していきます。特に受験生に関してはやるべきことをきっちりやり、後悔のない受験となるように全力を注ぎます。

それでは、本日はこの辺りで!

期末対策+夏期講習準備

こんにちは。古橋です。

蒸し暑くなってきましたね。今回はお知らせです。

 

★期末対策実施中

公立は先週がピーク、私立は今週以降のスタートが多いです。

ホワイトボード一杯に時制の時間軸を書いて、とことん理解して本番に臨もうとする高1生、今まで手が届き切らなかった「発展事項・考える問題」などに焦点を当て取り組む中2生。家庭や教室で様々に努力する姿を目にしています。

自己ベスト目指して頑張ろう!

 

★夏期講習生募集中

残席2名(7/12現在)となりました。興味のある方はぜひ一度ご連絡ください!

7/6(土)16:30より説明会を実施します。終了しました。 夏期講習の詳細はこちら。

終了しました!

夏期講習は単に受講・消費して終わるのではなく、自らの意思で機会を利用し今後に生かしていってほしいと考えています。考える材料として事前課題を配布し、準備を進めてもらいます。

 

簡単ですが、活動記録+告知でした。今回夏期講習は特に力を入れており、「これだ」と思った生徒さんにぜひ来てほしいです。正確な構文解釈力をつけることを軸にしながら、思う存分英語力を伸ばす絶好の機会になると確信しています。

 

それでは!

2020年度大学入試について【英語】(2019/11/1 更新)

2019/11/1 更新:民間試験の活用は見送りとなりました。

 

英語の2020年度入試について、現時点(2019年6月19日)で判明していること及び所感をこの記事にまとめておきます。
 

|大学入学共通テスト(旧:センター試験)


【配点】

筆記とリスニングの配点が100点ずつで均等に

参考:出題方法について(2019/6/7):大学入試センターHPより

【問題作成方針】

センター試験からの主な変更点は以下

①発音・アクセント・語句整序などを単独で扱う問題はなし

②場面や状況に応じた文章を読み取る問題が増加

筆記はリーディング重視の傾向

参考:問題作成方針について(2019/6/7):大学入試センターHPより

 

・英語成績提供システム(民間試験の活用)

 

|所感

リスニングの配点が従来の2倍になる、というのは大きな変化ですが、思ったより周知されていない感があります。

民間試験については活用方法が大学により異なるので、自分の志望する大学の情報はキャッチしておきたいところ。現時点では、高校3年生の時点でCEFR A2レベル(英検2級・準2級程度)に達していれば国立大学の出願資格はカバーできそうです。

*混乱しそうなので軽く書くに留めますが、本日6/19のニュースによると「民間試験の利用中止を求める請願書が提出された」という動きもあり、民間試験の活用については今後も議論が続きそうです。  → 民間試験の活用は見送りとなりました。(2019/11/1)

現高校2年生の皆さんは初年度ということで不安もあると思いますが、押さえるべきところは押さえつつ、情報に振り回されすぎないようしっかり実力をつけていきましょう。多くの人にとって受験という枠の中で勉強する時期も必要だと思いますが、そういった枠とは別に自身の興味や得意・苦手分野を意識して英語学習を進められるといいですね。

夏期講習2019「英文解釈講座」のお知らせ

summer2019

こんにちは!古橋です。

先日別ページにて夏期講習のお知らせをアップしました。ブログの方でも告知しておきます。

「各々が日頃の学習の成果を発揮し、英語力をとことん伸ばしていけるような場をつくれないか」と考え、本山教室にて「英文解釈講座」を開講することになりました。 

 

定員6名の少人数一斉指導。プロの翻訳家としても活動する講師が直接レッスン・個別添削を行います。

講習生の方も積極的に受け付けています。「講座の内容に興味がある」、「教室の雰囲気を知りたい」、「現在の英語力を確認したい」という方向けに、6/22(土)15時30分より夏期講習説明会を開催します。

終了しました! →   7/6(土)16時30分より追加で夏期講習説明会を実施します。担当講師が直接お話します。個別に対応しますので、こちらで詳細をご確認・ご予約の上ぜひお越しください!

 

以下、講習のテーマと和訳課題の一例をご紹介します。

 

◆英文解釈講座【対象:高3・高2生・その他学年】

「品詞や文法を正確に把握しつつ、全体の構文をしっかり理解して和訳を作る」練習を通し、英語の実力を大きく底上げします。

7/22(月)10時スタート!(全6回・平日隔日)


*高1生、中学生で「さらに実力を伸ばしたい」と考える生徒さんの受講も喜んで受け付けます。目安として英検2級または準2級相当の実力があると望ましいです。

 

和訳課題一例 Let’s Try!

So intimate is the relation between a language and the people who speak it that the two can scarcely be thought of apart. A language lives only so long as there are people who speak it and use it as their native tongue, and its greatness is only that given to it by these people.





* 講座内にてポイントの伝達・講義と演習を経た上でチャレンジしてもらう課題の一例です。

 

夏期講習のスケジュール・料金等について、詳しくはこちらをご覧ください。

皆さんがこの夏、大きく飛躍するきっかけを作れたらと思っています。今回の講座含め、今後も様々な取り組みで応援していきます。